御朱印好きな人と繋がりたい♪

かっては写経の修行を行い神社寺社に納経した際に神様に近づいた証しとして神社寺社よりいただけた朱印は、今は納経せずとも参拝して授与金を収めれば気軽に朱印をいただけるようになっており、全国各地に朱印や御朱印帳のコレクターも増え続け御朱印帳自体、神社寺社のみならず色んな業者が店舗やネット販売でオリジナルの御朱印帳を販売されるに至っています。今回は御朱印帳のみならず御朱印帳製作技術を活かしながら斬新な新しい写真集創作セットとしてもお楽しみいただける商品のご紹介をさせていただきます。

朱印とは

御朱印は室町時代末期から江戸時代初期には存在しており、元々は寺院に写経を収めた際の受付印であったとする説が有力です。

現在でも納経をしないと朱印が貰えない寺院が存在しますが、江戸時代中期には多くの社寺でお布施を納めることでことで

朱印が貰えるようになっていたとのこと。

朱印は、主に日本の神社や寺院において参拝者向けに押印される印章および印影であり敬称として御朱印とも呼ばれています。

複数の朱印を集めることを集印といい、朱印を押印し収集するための専用の帳面を朱印帳、御朱印帳、納経帳、集印帳と呼びます

日本において大正時代以降、駅スタンプやスタンプラリー、最近では城や史跡での集印をする方がおられますが

そのような「記念スタンプ」と違い宗教的な意味合いを持つ御朱印は社寺の職員や神職、僧侶、氏子などの手によって押印し

参拝者が自由に押印できないのが一般的です。
*Wikipedia引用

御朱印帳が写真集に?『ポケ印帳』のご紹介

そんな神聖な御朱印帳を写真集になんて!と思われる方もいるかとは思いますが

今回ご紹介するのは御朱印帳の形をした自由に写真を挟み込んだり書き込んだりカスタマイズが楽しめる

新しい形の写真集創作セットとしてリリースいたしました。

御朱印帳の表紙にもオリジナル画像を取り入れ可能で、中身に透明ポケットを22枚も装着

多数の写真画像カードを挿入したりマスキングなどで本体が膨らんでも御朱印帳方式のジャバラタイプですと

厚みを吸収できる様になっています。

またハード面のみならず、選定送付いただく画像や動画を劣化させない受け渡しのサービス共有しながら

高画質の画像反映カードと動画用QRコードカードをセットでお届けし、作る楽しみと永く残して楽しんで

いただくサービスがこの商品の特徴となっています。

各社寺へ参拝時の画像をカードにして挿入し朱印とセットで収集してもよろしいでしょう

また、神社寺社参拝に拘らず、新しいタイプの動画も残せる写真集としてシリーズで作成しながら

楽しんでいただけたら幸いです。